What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護資格でアクティビティインストラクター

介護資格の勉強で身につくスキル
学校に行っているときは勉強をしたりクラブ活動をしていました。これらは学校が用意してくれていたものです。その後社会人になってからは自分の生活は自分で行うようになります。仕事をしたり、食事をしたり、旅行をしたりは自分でできます。趣味でスポーツを楽しんだりすることもあります。若いころであれば充実した生活を送るのに自分で行うことができたのですが高齢になってくるとそれが難しくなります。そうなるとつい外出などもしなくなります。

高齢者の介護施設、老人ホームなどではできるだけ活動的に生活してほしいと願っています。そうすることで生きがいを持つことができます。それを進める介護資格としてアクティビティインストラクターがあります。高齢者でも楽しむことが出来るアクティティーを提案してより快適で夢のある生活が出来るように考える資格になります。施設において遊びであったり、仲間同士のふれあいの機会などを提供するものです。自分ではなかなかできないものです。

これまでは職員が試行錯誤でいろいろなことをしていましたが、アクティビティーに関して専門的な知識を持った人に行ってもらうことで自分の仕事に専念することができます。役割分担するためにも必要な資格になります。

お役立ち情報