What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護業務の幅が広がる介護資格

介護資格の勉強で身につくスキル
ホームヘルパーは、正式には「訪問介護員」と言って、高齢者や体が不自由な人の自宅に行ってその人の介護をし、自立した生活ができるようにサポートをする職業です。また、要介護者の家族に正しい介護の技術を教えてあげるのもホームヘルパーの大事な役割です。基本的にホームヘルパーは非正規で働いている人が多く、現在働いているホームヘルパーの8割は非常勤のホームヘルパーというデータもあります。正規職員になりたくてもなれなくて、仕方なく非常勤で働いている人もいますが、自分のライフスタイルに合わせて都合のいい時間だけ働ける非常勤という働き方をあえて選んでいる人も多くいます。

登録制のホームヘルパーなら働ける曜日や時間をあらかじめ登録した事業所に伝えておいて、その曜日や時間に仕事が入ったら紹介してもらって自宅に訪問して働く形になります。登録制ヘルパーはそれを本職としている人よりも、Wワークの一つとして働いていたり、学校や家事の空いた時間に働いてたりしている人が多いようです。自由度が高く、人を助けるやりがいのあるホームヘルパーの仕事ですが、資格があればさらに仕事の幅が広がります。介護資格を持っていることで業務の幅が広がって時給が上がりますし、特別手当がつくこともあります。

お役立ち情報