What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

ヘルパーの仕事と介護資格

介護資格の勉強で身につくスキル
身体が不自由な高齢者のために働くのがホームヘルパーです。ヘルパーの仕事は、在宅の高齢者のもとに出向いて、料理を作ったり、掃除をしたり、洗濯をしたりといった家事援助サービスや、体を拭いたり食事を食べさせたりといった介護サービスなどがあります。また、利用者の家族の心のケアをする大事な仕事もあります。訪問ヘルパーは、契約している高齢者がヘルパーを必要としているときだけ自宅に行って仕事をする形になり、勤務時間は1日2時間から3時間程度です。1週間に2日や3日だけ、1日数時間の勤務なので、他に仕事をしているフリーターや子育てをしている主婦などが働きやすいと思います。

ケアハウスや有料老人ホームなどの介護施設や、介護つき病棟などの医療機関に常勤で勤務しているヘルパーもいます。施設での勤務だと勤務時間が固定されているので安定した収入が得られます。介護に必要な介護資格には、ホームヘルパー1級や2級、介護福祉士、介護事務、ケアマネージャーなどがあります。ホームヘルパー2級は2013年に廃止されて、介護職員初任者研修という名前に生まれかわっていますが、ホームヘルパー2級と同じレベルの知識と介護技能を身につけることができます。

お役立ち情報