What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

福祉住環境コーディネーターの介護資格について

介護資格の勉強で身につくスキル
福祉住環境コーディネーターの介護資格について、その役割や、資格試験内容、補助金申請などを交えながら説明いたします。福祉住環境コーディネーターとは、主に在宅介護を必要とする介護老人のために、生活や介護をしやすいように改修工事のプランを計画したり、工事のための費用を積算したりする技術系スタッフです。介護の現場においては、老人保健施設や特別養護老人ホームなどに入所したがらない介護老人が増えているため、自宅を改修して在宅介護を推進するという背景があり、バリアフリーや断熱性を高めるような住環境を整備するための専門のコーディネーターがその仕事を担っています。

福祉住環境コーディネーターは三級から一級まであり、三級や二級の試験の難易度はそれほど高くはありませんが、一級に関しては専門的な深い知識が要求されます。また、住環境に関係するため、建築士など建築の専門家である要素も必要となりますので、幅広い知識も求められます。実際に建築士の資格を保有している人の受験が多いのも事実です。福祉住環境コーディネーターになると、住宅の改修工事の費用に対する、行政の補助金を申請する権限もあり、民間資格でありながら重要な役割があり、やりがいのある仕事となっています。

お役立ち情報