What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

初心者でも取得できる介護資格

介護資格の勉強で身につくスキル
介護をする仕事をしたい人なら最初に取っておきたいのがホームヘルパーの資格です。介護資格はいろいろありますが、ホームヘルパーの資格はその中でも最初に取るべき資格として知られています。実際に施設でヘルパーとして働いている人も、また、ケアマネージャーとしてヘルパーに介護の指示を与えている人も、ホームヘルパーの資格を持っている人がほとんどです。

ホームヘルパーの資格には1級と2級がありましたが、どちらも廃止されて2級は2013年に「介護職員初任者研修」という名前となって生まれ変わっています。従ってホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の資格は同じ扱いになります。介護職員初任者研修は、通信教育でも人が高まっています。通信教育では支給される教材を使って介護の知識を学び、要介護者への理解度を深めていきます。通信教育の場合、実技講習でスクーリングもする必要があります。スクーリングは資格学校や学習センターなどで開かれています。スクーリングでは、介護の現場で働いている講師から直接実技の講習を受けます。本物の介護用具を使っての実践的な授業になります。それによって未経験者でも即戦力となれる介護スキルが身につきます。