What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

まずは最初の介護資格から

介護資格の勉強で身につくスキル
医療に関する資格の中で、厳密には医療資格とはいえないものの、医療機関で働くことができる資格として、介護資格があります。事務仕事ではなく、医療現場で仕事がしたいなら、介護の資格がいちばんとりやすいのが今の現状でしょう。看護の仕事と介護の仕事はシンクロするところがありますので、仕事の場には困らないと思われます。実際のところ、病院には高齢者の入院が圧倒的に多く、この場合は医療と看護に加え、介護も必要とするのは間違いありません。年齢を重ねてから、やはり医療に携わる仕事がしたいと思ったとき、限りなく最短で仕事につける機会を与えてくれるのが、介護資格だと思われます。

介護の資格のスタートは、介護職員初任者研修と名を変えたホームヘルパー2級からですが、3年間実務をがんばれば、介護福祉士になるための受験資格を得る事が出来ます。勉強はしなければなりませんが、合格すれば国家資格保持者となるだけに、社会的な信用は格段に上がるでしょう。お給料に反映されることは間違いなく、正社員雇用をしてくれるところも増えます。まずは資格取得、それから仕事で頑張ってさらにステップアップができる介護資格は、これからの時代、可能性を秘めた資格と言えると思うのでした。

お役立ち情報