What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

未経験でも取得できる介護資格とは

介護資格の勉強で身につくスキル
お年寄りがいる介護施設に就職するときに有利となるのが介護資格です。介護資格を持っていなくてもできる仕事もありますが、介護資格を持っていないと業務の範囲が限られてくるため、時給が低くなりますし、やりがいのある仕事を任せてもらえなくなります。介護資格を持っていることで就職活動で役立つうえに、就職してからも介護という仕事に対して前向きに取り組めるようになります。介護資格で未経験者でも取れるのが「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」や「介護事務」などです。その他に介護福祉士、介護支援専門員(ケアマネージャー)、社会福祉士、精神保健福祉士など沢山の資格もありますが、これらの資格や受験するのに介護施設での実務経験が必要になります。

注目の介護の資格に「福祉住環境コーディネーター」というのがあります。福祉住環境コーディネーターとは、お年寄りが自立した生活ができるような住環境を提案する専門家です。たとえば自宅のバリアフリー化の相談に乗ったり、各専門機関との調整役を行ったりするのが仕事です。福祉住環境コーディネーターは実務未経験者でも受験できる資格です。1級から3級まであり、2級と3級は年に2回試験が行われています。

お役立ち情報