What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護の現場で必要な介護資格について

介護資格の勉強で身につくスキル
介護の現場で働いている人の数は、とても増えています。超高齢化社会、かつ少子化問題を抱える日本において、必要不可欠の業界といえます。具体的には、ホームヘルパーや介護福祉士、ケアワーカー、サービスの相談にのる生活相談員、さらに介護保険の利用計画を決定するケアマネジャー、施設の運営を取り仕切る施設長など、多くの仕事があります。この業界では、特定の介護資格がなくても働ける職場もありますが、やはり資格があれば職場を選ぶときの選択肢が多くなり、それだけで強みになるのは確かです。

もちろん、働きながら勉強して資格を取得する人も数多くいます。ホームヘルパー2級から介護福祉士、ケアマネジャーと徐々にステップアップしていく人も珍しくはありません。そして、実際の現場では、ホームヘルパー2級、介護福祉士、看護師・準看護師などの資格を持っている人が多く活躍しています。福祉や介護の仕事は、都道府県の福祉協議会やハローワークで探すことができます。どことなくお堅いイメージがありますが、気軽に行って相談してみてください。ちなみに、じっくりと個別相談をしたいときは、事前に予約してから行く方が待ち時間も少なくて済むのでおすすめです。

お役立ち情報