What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護資格で高齢者コミュニケーター

介護資格の勉強で身につくスキル
自分自身の親であった祖父母と接することがあると思います。それぞれ何歳ぐらいでしょうか。20歳ぐらいの場合、両親であれば50歳ぐらいでしょうか。祖父母だと70歳から80歳ぐらいになるでしょうか。50歳ぐらいであれば会社員の人もいますし、まだ病気などにもそれほどなっていないかもしれません。それが70歳から80歳ぐらいになるととたんに病気が多くなってきます。人によっては入院であったり介護が必要な場合もあります。

自分の親や祖父母が高齢になったとしても親として接することができます。福祉の仕事において高齢者と接するときは親ではなくそれぞれ高齢者として対応する必要があります。その時に取得しておくといい介護資格が高齢者コミュニケーターと呼ばれるものになります。日頃から高齢者と接する機会が多かったりするといいのですが、それまでほとんど接していなかった人などは取得しておくといいと言われます。高齢者との接し方を知ることができます。

取得の方法としては試験などは特に必要ないと言われます。講座などが用意されていて、それを受講して終了することで資格を取得することができます。現在の仕事で高齢者と接することが多いなら取るようにしたい資格です。

お役立ち情報