What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護資格に福祉用具専門相談員

介護資格の勉強で身につくスキル
足が不自由になった時に使うものとして、まずは松葉杖であったり一般的な杖があります。足は不自由でもこれらを使えば歩くことができます。足を使うことができるので生活においては自由度が増します。一般的な杖であればそれほど高くありませんが、松葉杖ぐらいになるとかなり高くなります。病院などでは一時的に貸してくれることもあります。その他生活をしやすい道具などを使うときには購入したり借りたりしながらになるのでしょう。

この時松葉杖を借りに来た人に対して適当に杖を渡したとしたらどうでしょうか。同じ松葉杖でも使いにくければ借りても仕方がありません。まずは体格に合わせたもので、更にはその人の症状に合わせたものが必要になってきます。それをコーディネートする介護資格として福祉用具専門相談員があります。この人は福祉用具をレンタルする事業所においては一定人数必要とされています。これから先もレンタルの会社などが増えていくと思われます。

福祉用具専門相談員については、福祉に関する一定の資格を持っている人に対しては特に新たに講習などを受けなくてもその資格があるとされます。介護福祉士や保健師などであれば新たに取得する必要はありません。

お役立ち情報