What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護資格においてガイドヘルパー

介護資格の勉強で身につくスキル
足の不自由な人が外出するのに助けとなるのが車いすです。以前は手動のものばかりでしたが今は電動のものが増えてきています。これによって介護者を伴わなくても自由に外出できる人が増えたようです。しかし電動式の車いすでも自由に行動ができない人はいます。足が不自由なだけでなく、その他も不自由な場合、外出先で困ることがあります。その時に誰にも助けを求められなければ外出自体ができなくなります。生活の範囲を狭めてしまいます。

外出したい人に対して外出を援助する介護資格としてあるのがガイドヘルパーと呼ばれるものです。実際の名称としては移動介護従事者と言われます。試験などは無く、都道府県が行う研修を修了すれば資格を取得することができます。車いすを押したりするだけでなく、介護が必要な人とのコミュニケーションが出来る必要があります。求めているものを理解して、それに対して適切な介護をする必要があります。ただ移動を介助するだけではありません。

種類が幾つかあり、まずは視覚障害のある人に対してのガイドです。情報の提供であったり食事の介護なども行います。その他では、全身に障害があるために動くことが困難な人、知的な部分に関する障害がある人に対応する場合もあります。

お役立ち情報