What's New
介護資格の勉強で身につくスキル

介護資格のホームヘルパー1級と2級の違い

介護資格の勉強で身につくスキル
時代の流れによって求められるものも変わることがあります。そのスピードが速い業界においては制度もどんどん変えられる必要があります。IT関連も非常に進化が速く、資格制度などは常に見直しがされています。過去あった資格が今ではなくなっていて新しい名称になっていることもあるので自分自身がどんな資格を持っていたのかわからなくなることがあります。大抵は以前の資格と同様に扱われることが多いとされています。

介護資格として長らく知られていたのがホームヘルパーになるでしょう。元々3級からあり、実務として仕事をするなら2級は必要とされていました。そして1級もありました。現在はこの制度自体はなくなっていてそれぞれ別の名称になっています。ホームヘルパー2級に該当するのが介護職員初任者研修と呼ばれるものです。元々試験などはなく研修のみで得られる資格だったのでこのようになったのでしょう。3級に相当するものは廃止になっています。

1級は実務者研修となっています。違いとしては、2級に該当するものがあれば実際に介護の実務が出来るとされます。1級に該当するものの場合は、サービス提供責任者として後任の育成指導などが出来るとされています。1級に該当するほうが高度になります。

お役立ち情報